ハワイ・レアレアニュース

ハワイ最旬ニュースを現地から発信!ハワイ・レアレアニュース

初開催のホノルル・ビエンナーレが、アーティストによる作品展示を9 つのロケーションにて公開

「今、ここの渦中から(Middle of Now | Here)」と題したホノルル・ビエンナーレは、3 月 8 日から 5 月 8 日まで太平洋地域を繋ぐハワイでダイナミックなコンテンポラリーアートを通して人々に芸術や文化の拠点、またアイディアや美学のグローバルな交流の場を提供します。
今回のビエンナーレ参加アーティストは、ハワイ、オーストラリア、ニュージーランドを含む太平洋諸島やアジア、北米出身の有名アーティストからこれからの成長が期待される新人アーティストまでが揃います。

初開催のホノルル・ビエンナーレ2017

 

ビエンナーレの中心会場となるのはワイキキとホノルルのダウンタウンの間に位置するワードビレッジで、The Hubと歴史的建造物である IBM ビルディングを含むエリアには全部で 25 名のアーティストによる作品が展示されています。

他にもホノルル・ハレ(ホノルル市庁舎)、フォスター植物園、チャイナタウンのアーツ・アット・マーク    ス・ガレージ、ビショップ・ミュージアム、ホノルル美術館、ハワイプリンスホテルワイキキ、イスラム美術&文化センターのシャングリ・ラ邸にて作品が展示されます。

最先端技術を使ったインタラクティブ型作品「Graffiti Nature」

 

アーティストによる作品展示のほかにも、異文化交流と現代アートに対する理解を広めることを目的とした無料プログラムも開催されます。アーティストやアート関係者によるパネルディスカッションや試写会、ご家族で楽しめるアートのワークショップが行われます。プログラムの詳細は、ウェブサイト(http://www.honolulubiennial.org )にてご覧いただけます。

地元ハワイのアーティスト、Kaili Chunの作品

 

イベント期間中、多くの場所は入場無料となっています。ホノルル・ビエンナーレ開催にあたり、地元や世界各国のアーティストによるアートとイベント参加者を結ぶ架け橋となり、ハワイを文化とアートの交流の場となるようにという願いが込められています。

 

イベントに関する詳細はウェブサイトをご覧ください。
ホノルル・ビエンナーレ2017アート – 「今、ここの渦中から」
www.honolulubiennial.org

facebookでコメントする

Return Top